タグ別アーカイブ: 漢字

慳貪

つっけんどんのけんどん。

嬲る
嫐 = うわなり = 後妻
後妻打ち(うわなりうち)とは、日本
の中世から江戸時代にかけて行われた
風習のこと。夫が後妻と結婚するとき、
先妻が予告したうえで後妻の家を襲う
というものである。

良い漢字。

1.肉や野菜を汁を多くして煮たもの。あつもの。
2. 雑煮。「正月の祝に、晴れなる座敷へ―を据ゆるに」
3. 餅菓子(もちがし)。「『常に食べぬ物でござあった』『それならば―の類であらう』」