月別アーカイブ: 2010年5月

ゴールデンウィーク

8連休だったが、食料買出し以外の外出は1回のみ
という引き篭もりっぷりを遺憾なく発揮した。
ついでに在宅時はアルコールも断つ。

その1回の外出は、base of UGSFというところで、
日本で唯一ギャラクシアン3遊べる場所だ。

それ以外の大型筐体物も期待して行ったのだが、
思ったよりも少なく、Ridge Racer 2をやって退散。

10/04/25 恐怖の横浜ツアー第3弾

連日での飲酒であり、面子はAhoeshi、Mさん、私。

Mさんはかなりのモルトマニアで、自宅に1000本ほど
あるそうだ。

1軒目 Dufftown
試飲会に参加させて頂く。

・Cragganmore(元酒)
・Claymore(現行ボトル)
・Claymore(オールドボトル)

・Clynelish(元酒)
・Black & White(現行ボトル)
・Black & White(オールドボトル)

あとSingletonか何か。

2軒目 Craft Beer Bar
・Ale x1
・Cheiftains StrathIsla

3軒目 Jaburoというガンダムバー
超カオスだった。この辺から良く覚えてない。

4軒目 なぜかカラオケ
本日も終電にて帰る。

10/04/24恐怖の横浜ツアー第2弾

恐ろしい出来事があったので記載する。
面子はJawa、Ahoeshi、私。

1軒目 津久志亭
・ポークソテー
・torres

2軒目 Craft Beer Bar(既出のためリンク無し)
・Ale x2
・Chieftains Strathisla
・Ardbeg Smokehead
・Connoisseurs Choice Rosebank

3軒目 82 Ale House
・Ale x1

4軒目 Towser
・Elements of Isla CL

5軒目 福田フライ(既出のためリンク無し)
・色々

6軒目 パラディ
・Isle of Jura 5y

7軒目 Dufftown (既出のためリンク無し)
・Adelphi Ardbeg
・Calvados(失念)

10/05/04 読了

dancyu (ダンチュウ) 2009年 08月号 [雑誌]

dancyu (ダンチュウ) 2009年 08月号 [雑誌]書籍

発行プレジデント社

発売日2009/07/06

カテゴリー雑誌

Supported by amazon Product Advertising API


おつまみ横丁-すぐにおいしい酒の肴185 ((池田書店の料理新書シリーズ))

おつまみ横丁-すぐにおいしい酒の肴185 ((池田書店の料理新書シリーズ))書籍

作者瀬尾幸子

クリエーター編集工房桃庵

発行池田書店

発売日2007/09/15

カテゴリー単行本

ページ数192

ISBN4262129284

Supported by amazon Product Advertising API


もう一軒 おつまみ横丁-さらにおいしい酒の肴185 (池田書店の料理新書シリーズ)

もう一軒 おつまみ横丁-さらにおいしい酒の肴185 (池田書店の料理新書シリーズ)書籍

作者瀬尾 幸子

発行池田書店

発売日2008/09/18

カテゴリー新書

ページ数192

ISBN4262129373

Supported by amazon Product Advertising API


AWS Access Key ID: AKIAINAPWX342J4YSOSQ. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.


文福茶釜 (文春文庫)

文福茶釜 (文春文庫)書籍

作者黒川 博行

発行文藝春秋

発売日2002/05/01

カテゴリー文庫

ページ数264

ISBN4167447061

Supported by amazon Product Advertising API


魂の錬金術―エリック・ホッファー全アフォリズム集

魂の錬金術―エリック・ホッファー全アフォリズム集書籍

作者エリック ホッファー

クリエーターEric Hoffer, 中本 義彦

発行作品社

発売日2003/02/01

カテゴリー単行本

ページ数227

ISBN4878935278

Supported by amazon Product Advertising API

「自由とは、一部の人間にとってしたいことをする機会を意味するが、
多くの人間にとっては、したくないことをしないことを意味する。成長
できる者は、いかなる条件の下でも自由を感じるというのは、おそら
く真実であろう。」